catch-img

マネージャーとは?意味や必要なスキル、役割などを徹底解説

グローバルリーダーは、本質的にはリーダーと変わりはありません。ただし、相手を感化する、納得させる、魅了させるといった行為において、日本国内では培うことが難しい”幅”が存在します。本記事では国内外問わず不変的な概念であるリーダーとは、リーダーシップとは何かについて説明した上で、リーダーとグローバルリーダーの違い、またグローバルリーダーとして持っておくべきマインドやスキルを紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.マネージャーとは?
  2. 2.マネージャーの主な役割
  3. 3.マネージャーが重要視される背景
  4. 4.マネージャーとリーダーの違いは?
  5. 5.マネージャーの種類やタイプ
  6. 6.企業・ビジネスにおけるマネジメントとは?
  7. 7.マネジメントスキルの種類・内容
  8. 8.マネージャーに必要な心構え
  9. 9.まとめ
  10. 10.マネージャーに関するよくある質問
  マネジメント役割理解研修|管理職研修・育成ならストレッチクラウド マネジメントの役割は「メンバーを育てること」や「一流のプレイヤーとして成果を出すこと」ではなく、会社とメンバーをつなぐ「結節点」として、メンバーのモチベーションを高め、主体的な行動を引き出し、それを会社の成果につなげることです。 本研修では、「マネージャーの役割」を正しく認識させ、役割遂行に向けた意欲を喚起します。 また、目指すべきマネジメント像に向けた課題抽出を行い、現場での行動に向けて具体的に何をすべきかを明確にします。 管理職研修・育成ならストレッチクラウド

マネージャーとは?

 マネージャーとは、組織やチームの管理・運営などを行い、目標達成に向けて全体が能力や個性を発揮できるようにマネジメントをする人を指します。マネージャーは自分が成果を出すよりも、部下やメンバーが成果を出すサポートを行うことが多く、ビジネスシーンでは組織全体の成果に責任を持つことになります。

managerの英語の意味


 英語の「manager」は、企業や部署の経営者や部長、局長、支配人、芸能関連のマネージャー、スポーツチームの監督、幹事、主事などの意味を持っています。総じて組織やチームを束ねて、目標に向かって導く存在であると言えます。

managementの英語の意味


 英語の「management」は、企業や部署の経営、管理、経営能力、操作能力、集団としての経営者側、経営陣、統制、制御などの意味を持っています。経営や管理を行うことに加えて、何かを統制、操作することやその能力のことを指しています。


マネージャーの主な役割


 企業によってはマネージャーの役割が異なることがありますが、基本的にマネージャーに求められていることとして共通しているものがあります。

ビジョンの浸透を行う


 マネージャーは現場社員の業務の管理を行うだけではなく、全社としてのビジョンを浸透させる役割を持っています。会社として目指す方向性やビジョンに対して、現場の社員が理解や共感をしていない場合には、会社の方針への納得感が生まれにくくなります。

 また、日々の業務の中での判断基準が曖昧となるため、行動にバラつきが生じてしまい、結果として成果にもムラが出てきやすくなります。そのため、マネージャーは会社で掲げているビジョンをしっかりと理解した上で、現場社員に分かりやすく伝えることが求められます。

戦略の策定を行う


 ビジョンの浸透を行うとともに、ビジョンの実現に近づくための戦略を策定することもマネージャーには求められます。戦略とは、文字通り「戦いを略す」ことを指しています。戦略を策定することで、市場の中で自社独自のポジションを確立して、他社に対する競争優位性を持つことができます。

 一方で、戦略が確立しておらず、現場社員も理解ができていない場合には、経営資源を浪費することに繋がります。マネージャーは経営陣の意図を理解するだけではなく、自社として必要な戦略を考えて、現場社員に浸透することが求められます。

目標設定や軌道修正を行う


 描いた戦略を実現するためには、マネージャーが適切な目標を設定し、その達成に向けた働きかけを行う必要があります。具体的な数値として目標を設定することで、どのような行動をすればいいのかが明確になります。目標を設定する際には、過去からの積み上げではなく、目的を達成できるかを考えて逆算で思考をすることも重要です。

 また、目標は設定したままにするのではなく、定期的に現状を把握して軌道修正を行うことが大切です。マネージャーは全体の目標や個人の目標とその実績を把握して、適宜サポートや軌道修正を実施します。

人材育成や能力開発を行う


 マネージャーの大切な役割の1つとして、人材育成や能力開発が挙げられます。ポテンシャルのみに頼ったチームでは、最初は成果を上げることができるかもしれませんが、徐々に社員の能力では対応できない事態が発生し、結果としてそれぞれが疲弊してしまうことがあります。

 社員の能力を適切に開発し、必要なスキルを身につけてもらうことで、組織やチームが順調に成長することができます。マネージャーは、自社や自部署で必要となる能力やスキルの定義を行い、それを身につけるサポートを行います。また、個々人の特性や特徴を把握することで、その人に合った役割や育成方法を検討することが重要です。

モチベーションの維持・向上を行う


 仕事の成果は、個々人の能力だけではなく、仕事に対する意欲・モチベーションにも左右されます。マネージャーは知識やスキルといった能力面でのサポートだけではなく、社員のモチベーションの維持・向上のための働きかけを行う必要があります。モチベーションが低い状態が続くと、本来持っている能力やスキルを発揮することができなくなる可能性があります。

 マネージャーは、現場社員のモチベーションの状態を適切に把握し、その人の特性や指向性に合った働きかけを行うことが求められます。特に、業績や成果が好調なタイミングにはモチベーションは向上しやすい傾向がありますが、上手くいかないタイミングでどのような関わりをするのかについて、慎重に検討を行うことが大切です。


マネージャーが重要視される背景


 様々な役割を持つマネージャーですが、そもそもなぜマネージャーが重要視され、必要とされるのでしょうか。組織運営においては、前提として組織は人と人の関係性で構築されるものであることを念頭に置いておくことが大切です。組織で生み出す成果や、生じる問題は人同士の間で発生します。そのため、間にあるコミュニケーションの量や質を向上させることが、組織の成果を向上させるためには重要となります。

 一方で、全ての人同士のコミュニケーションを管理・サポートすることは理想ではありますが、現実的ではありません。その中で、コミュニケーションの結節点・集約点としてマネージャーが機能することで、組織の中での成果創出や問題解決を円滑に進めることができます。


マネージャーとリーダーの違いは?


 マネージャーと似ている言葉として、「リーダー」が挙げられます。同じような意味合いで使われることが多いマネージャーとリーダーですが、実際にはその意味は異なります。リーダーとは、「ある一定の目的に向けて、周囲に影響を与えてその実現に導く行為」と定義することができます。

 リーダーは組織が向かう目的地を定めて、その実現に向けて先導を行うことを指しています。一方で、マネージャーは目的地に向かうためにチームの管理やサポートを行う役割を指します。


マネージャーの種類やタイプ


 マネージャーには、その種類やタイプがいくつか存在します。代表的なマネージャーの種類やタイプ、その特徴について確認しておきましょう。

①プレイングマネージャー


 プレイングマネージャーとは、プレイヤーとマネージャーの両方の特徴を持つ役割です。プレイングマネージャーは、マネージャーとしてマネジメントを行うとともに、プレイヤーとして直接業績向上に貢献します。

 プレイングマネージャーは、多くの企業で採用されている役割ですが、多くの場合本人の負荷が大きくなる傾向があるため、サポートや支援を行うことが大切です。

(こちらもチェック:「プレイングマネジャーとは?求められる役割や失敗例を紹介」)

②ファーストラインマネージャー


 まず、ラインマネージャーとは、現場の管理監督者であり、意思決定権を持っている人のことを指します。その中でもファーストラインマネージャーは、直接部下の育成や指導といったマネジメントを行います。日本企業では、課長など現場の社員とコミュニケーションを取りながら業務を遂行する役割が該当します。

③セカンドラインマネージャー


 セカンドラインマネージャーは、ファーストラインマネージャーのように直接現場の社員の育成や指導を行うのではなく、組織全体のマネジメントを行ったり、ファーストラインマネージャーのマネジメントを行ったりします。セカンドラインマネージャーは、より働きやすい職場づくりや成果が創出できる仕組みづくりなどが主な役割となります。日本企業では、部長以上の役職者がセカンドラインマネージャーに該当します。

④プロジェクトマネージャー


 プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの管理や統括を行う役割であり、「PM」と略されることもあります。プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの成功に向けて、全体の行程や予算、メンバーのモチベーションの管理などを行います。基本的には、プロジェクトマネージャーはラインマネージャーが管轄する組織の一員であることが多いですが、組織によってはラインマネージャーがプロジェクトマネージャーを兼任することがあります。

⑤ミドルマネージャー


 ミドルマネージャーは、いわゆる「中間管理職」のことであり、部長や課長など組織の中で中間のポジションに位置する役割の人を指します。ファーストラインマネージャーやセカンドラインマネージャーをまとめた呼び方でもあり、一般的には組織全体のコミュニケーション設計や部下のモチベーション向上、人材育成などを担います。

⑥ゼネラルマネージャー


 ゼネラルマネージャーは、「GM」とも略され、企業の中での管理職の呼び方の1つです。一般的には、マネージャーの中でも上位役職者のことを指します。ゼネラルマネージャーは、企業の中でも上層部に位置しているため、現場で直接社員の指導や育成を行うのではなく、経営全体の統括や戦略の意思決定などを行います。

⑦エリアマネージャー


 エリアマネージャーとは、主に店舗や教室展開系のビジネスで用いられる言葉であり、担当するエリアの売上向上や店舗管理などに責任を持つ役割のことを指します。エリアマネージャーは、在庫管理だけではなく、自身が担当するエリアの人材育成など、幅広い範囲に対するマネジメントを行います。一般的には、小売業界や飲食業界、アパレル業界などでエリアマネージャーの役割が設計されています。

⑧チームマネージャー


 チームマネージャーは、主にスポーツなどで用いられる言葉であり、チームのスケジュール管理や書類の作成などを行う役割を指します。選手の代わりに必要な手続きを代行する場合もあり、選手が試合やパフォーマンスの発揮に集中することができる環境を整えます。

 ビジネスシーンにおけるマネージャーと比較しても、より裏方の要素が強いのがチームマネージャーです。

⑨芸能マネージャー


 マネージャーの種類の1つとして、芸能マネージャーも挙げられます。芸能マネージャーは、芸能プロダクションに所属しているタレントやアイドルなどの出演スケジュールの管理や、現場への動向、精神的なサポートなどを行います。

 芸能マネージャーは担当するタレントの仕事のスケジュールや、プライベートの予定なども把握し、それに合わせる必要もあるため、コミュニケーションスキルや忍耐力などが求められます。


企業・ビジネスにおけるマネジメントとは?


 多くの種類があるマネージャーですが、企業・ビジネスにおけるマネジメントとはどのようなものなのでしょうか。マネジメントは、以下のように4つの種類に分類することができます。



■ビジョンマネジメント:ビジョンの策定と浸透
■戦略マネジメント:外部環境の把握とビジネスプロセスの最適化
■PDCAマネジメント:業務計画の策定と現場の問題解決
■メンバーマネジメント:メンバーの意欲と能力の向上

 4つの種類のマネジメントを実行することで、成果を創出できる経営を行うことができます。

(こちらもチェック:「マネジメントとは?本質と役割、今の時代に求められる能力を解説」)

マネジメントスキルの種類・内容


 では、マネジメントには具体的にどのようなスキルが必要なのでしょうか。マネージャーに求められるスキルの種類やその内容についてご紹介します。

①スキル管理


 スキル管理とは、組織やチームに所属しているメンバーのスキルを可視化して管理することを指します。近年では「タレントマネジメント」といった言葉もよく耳にするようになりましたが、メンバー1人1人の特性やスキルなどを把握して、適材適所を実現することで、効果的なマネジメントを行うことができます。

 スキル管理は、企業の中で共有できる情報として管理されることが望ましいとされています。新規入社者や異動者などが新しい環境で仕事を始める際には、マネージャーや周囲のメンバーがスキルを把握して、適切な役割分担を行うことでスムーズに受け入れを行うことができるでしょう。

▼ティール組織に関する記事はこちら
タレントマネジメントとは?導入方法や効果について解説

②パフォーマンスマネジメント


 パフォーマンスマネジメントとは、組織やチームに所属しているメンバーの行動を結果に結びつけるためのマネジメントを指します。パフォーマンスマネジメントでは、組織としての目標達成を目指して、メンバーのスキルやモチベーションの発見や向上を行って、組織と個人が継続的に成長することを図っています。

 パフォーマンスマネジメントを実行するためには、目標達成に繋がる行動を抽出・整理するハイパフォーマーの分析や、定期的なフィードバックの実施などを行います。また、パフォーマンスを向上するためにはビジョンの明確化や全体の戦略の策定・浸透といった部分から行うことがあります。

③チェンジマネジメント


 チェンジマネジメントとは、組織やチームの変革を実現するために行われるマネジメントのことを指します。チェンジマネジメントは、1990年代にアメリカで広く実施された業務プロセスの改革(BPR)を実現するために実施される方法として実施されており、現在でも環境変化に合わせた企業変革のために実施されています。

 企業の変革を実行する際には、一定数のメンバーの中で「今のままが良い」「改革は正しくない」といった声が挙がります。心理学の分野では「現状維持バイアス」とも呼ばれていますが、変革に対する防衛本能が組織には働きます。チェンジマネジメントでは、このようなバイアスを打破して、効果的な変革を行うことが目指されます。

④人材マネジメント


 人材マネジメントとは、人材を経営資源の1つとして認識して、企業の理念や経営目標の達成を目指すマネジメントを指します。高度経済成長期以降は、企業の競争力が設備投資やヒット商品といったものであったところから、人のモチベーションやアイデアに変わっています。その中で、人材マネジメントを適切に実施できていない場合は、市場の中での競争優位性を失ってしまう可能性があります。

 人材マネジメントでは、採用や育成の方法だけではなく、社内での役割設計やビジョンの浸透、目的と連動した人事制度の構築と運用なども含まれます。

(こちらもチェック:「人材マネジメントとは?企業へのメリットや推進の流れを解説」)

⑤コンフリクトマネジメント


 コンフリクトマネジメントとは、職場内のコミュニケーションの円滑化や組織の成長などを目指すマネジメントのことを指します。コンフリクトとは、英語で「長い期間での戦いや闘争」を意味する「conflict」から来ている言葉です。

 組織やチームの中で、人同士の衝突が生じた場合、全体としての利益が損なわれるだけではなく、チームとしての一体感や連帯感も薄くなってしまう可能性があります。コンフリクトマネジメントを行うことで、利害による衝突や対立を解消するとともに、双方が協力できる関係性を構築することができます。

⑥タイムマネジメント


 タイムマネジメントとは、時間の使い方を改善することで生産性を向上させるためのマネジメントを指します。タイムマネジメントは基本的なビジネススキルの1つとしても挙げられ、仕事を効率的に進めるために必要なものです。

 タイムマネジメントができていない場合には、仕事の中にムリ・ムラ・ムダが生じてしまい、本来期待できる成果が得られない可能性があります。また、タイムマネジメントは「時間を管理する」だけではなく、「限られた時間の中で最適な行動をする」ことを意味します。有限な時間の中で、どのような行動が成果につながるのかを整理して、軌道修正を行うことが求められます。

⑦クライシスマネジメント


 クライシスマネジメントとは、危機管理方法の1つであり、「危機は必ず訪れる」といったことを前提として持っておくマネジメントを指します。クライシスとは、「危機」や「重大な局面」といった意味を持つ英語の「crisis」から来ている言葉です。

 クライシスマネジメントができていない場合には、人や設備にトラブルが生じてしまった時に、初期対応や二次被害の回避などが行うことができない可能性があります。クライシスマネジメントでは、社内で生じるトラブルだけではなく、地震や台風などの天災も想定されています。

⑧リスクマネジメント


 リスクマネジメントとは、組織の中で生じうるリスクを管理して、トラブルや危機を防止するマネジメントのことを指します。近年は投資家が企業を評価する観点として、リスクマネジメントの体制が整っているかについても注目が集まっており、リスクマネジメントは企業価値を向上させるためにも必要な要素であると言えます。

 リスクマネジメントができていない場合には、企業イメージやブランドを損なってしまう可能性があるため、企業経営において重要なポイントです。

(こちらもチェック:「リスクマネジメントの意味とは?企業に必要な理由や具体的な方法を解説」)


マネージャーに必要な心構え


 マネージャーとしての役割を全うするためには、スキルとともに必要な心構えがいくつかあります。マネージャーが持っておくべき心構えとして、代表的なものをご紹介します。

ルールを遵守する


 マネージャーは、率先してルールを遵守する意識を持つことが大切です。普段業務を行う中では、マネージャーは指摘をされづらい立場であるため、自分で意識をしない中では知らず知らずにルールを破ってしまう可能性が高まります。

自ら動く姿勢を持つ


 マネージャーとして、メンバーに望ましい行動を促進するためには自らが動く姿勢を持つことが大切です。指示をするだけで、自分で動かないマネージャーはメンバーからの信頼を得ることが難しく、結果として組織全体としての成果に繋がる行動を促進することができません。

学び続ける意識を持つ


 マネージャーは日々メンバーから意思決定を求められる立場であり、必要に応じてアドバイスやサポートを行います。そのため、マネージャーの知識やスキルが古いものである場合には、組織としての対応力も時代から遅れたものになってしまいます。日々新しい知識や情報を収集し、組織に還元できるようにしましょう。

模範となる意識を持つ


 マネージャーは、組織を変革する際にはキーマンとして動くことが多くなります。そのため、新しいことを浸透させるためには、マネージャーが新しいものに対して寛容な姿勢を示し、その実行をすることが大切です。

論理的に考えて伝える


 マネージャーには高い意欲やモチベーションだけではなく、メンバーが納得して動くことができる関わり方が求められます。そのため、論理的に物事を理解して、その内容を分かりやすくメンバーに伝えるトレーニングを行っておくことが大切です。


まとめ


 世の中には多くのマネージャーの種類や役割があります。その中で、ビジネスシーンにおいては、組織やチームの成果に責任を持ち、メンバーのパフォーマンスを最大化することがマネージャーには求められます。また、マネジメントには複数の種類が存在しており、その違いや特徴を把握することで、適切なマネジメント手法の使い分けを行うことができます。まずは、自社におけるマネージャー像や求める要件などを明確にして、その育成を推進できるようにすることをおすすめします。


マネージャーに関するよくある質問


Q1:マネージャーとは?

A1:マネージャーとは、組織やチームの管理・運営などを行い、目標達成に向けて全体が能力や個性を発揮できるようにマネジメントをする人を指します。マネージャーは自分が成果を出すよりも、部下やメンバーが成果を出すサポートを行うことが多く、ビジネスシーンでは組織全体の成果に責任を持つことになります。

Q2:マネージャーに必要な行動や心構えは?

A2:マネージャーとしての役割を全うするためには、スキルとともに必要な心構えには以下のようなものがあります。

■率先してルールを遵守する意識を持つ
■現場任せにせずに、自ら動く姿勢を持つ
■新しいことを学び続ける意識を持つ
■企業の風土をつくる模範となる意識を持つ
■物事を論理的に考えてメンバーに分かりやすく伝える

Q3:マネージャーに必要なマネジメントスキルの種類は?

A3:マネージャーに必要なマネジメントスキルとして、以下のようなものが挙げられます。

■スキル管理
スキル管理とは、組織やチームに所属しているメンバーのスキルを可視化して管理することを指します。

■パフォーマンスマネジメント
パフォーマンスマネジメントとは、組織やチームに所属しているメンバーの行動を結果に結びつけるためのマネジメントを指します。

■チェンジマネジメント
チェンジマネジメントとは、組織やチームの変革を実現するために行われるマネジメントのことを指します。

■人材マネジメント
人材マネジメントとは、人材を経営資源の1つとして認識して、企業の理念や経営目標の達成を目指すマネジメントを指します。

■コンフリクトマネジメント
コンフリクトマネジメントとは、職場内のコミュニケーションの円滑化や組織の成長などを目指すマネジメントのことを指します。

■タイムマネジメント
タイムマネジメントとは、時間の使い方を改善することで生産性を向上させるためのマネジメントを指します。

■クライシスマネジメント
クライシスマネジメントとは、危機管理方法の1つであり、「危機は必ず訪れる」といったことを前提として持っておくマネジメントを指します。

■リスクマネジメント
リスクマネジメントとは、組織の中で生じうるリスクを管理して、トラブルや危機を防止するマネジメントのことを指します。

執筆者:LM編集部
執筆者:LM編集部
理念・採用・風土・制度など組織人事のトレンドを発信しています。 基本的な用語解説から、多くの企業で陥っている実態、 弊社が培ってきた組織変革技術の知見を踏まえたポイント解説まで 皆様のお役に立ち情報をお届けします。
お役立ち資料一覧

新着記事

あなたの組織にも、課題はありませんか?

おすすめ記事

人気コラム

開催中セミナー

お役立ち資料

ページトップへ戻る